オーガニックの定義

“オーガニック農業はひとつの環境保護意識をもった生産管理システムです。それは生物の多様性や、生物学上の循環や活動そして農業生活を促進し高めます。それは遊休農地の投入という最小利用に基づいている。また土地を回復したり、維持したりそして環境意識をもった調和を高めたりする管理実践にも基づいている。

"Organic agriculture is an ecological production management system that promotes and enhances biodiversity, biological cycles and soil biological activity, It is based on minimal use of off-farm inputs and on management practices that restore, maintain and enhance ecological harmony

‘オーガニックには Organic Foods Production 法の基で生産された生産物を示すラベルが貼ってある。オーガニック製品の主たる指針は、自然界のシステムの環境意識をもったバランスを高めるという素材を使用しそして環境意識をもった全ての中へ農業システムの部分を統合し実践する事です。

"Organic agriculture is an ecological production management system that promotes and enhances biodiversity, biological6 cycles and soil biological activity, It is based on minimal use of off-farm inputs and on management practices that restore, maintain and enhance ecological harmony

上記、”オーガニックの定義”はフロリダ、オーランドで開催された会議でNOSBによって承認されたものです。

104244901_2993349440733435_7715208950995